婦人科がん検診

当院では婦人科がん検診、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの検診および乳がん検診を行っています。

検診のながれ

  • 問診の後、内診台にあがっていただき子宮の入口の細胞を綿棒で採取します。このときリラックスしていれば痛みもありませんし数秒で終わります。
  • つぎに内診台上で腟から超音波を用いて、子宮や卵巣のかたち、周囲の詳しい観察をおこないます。
  • 内診は必要がなければ行いません。
  • 乳がん検診は診察台で行います。

子宮頸がん検診

いわゆる一般的な子宮がん検診です。
子宮頸部、腟部と呼ばれる子宮の入り口の細胞を綿棒で擦り取り顕微鏡で診断します。

子宮体がん検診

子宮の中、子宮内膜と呼ばれる部分のがん検診です。
子宮のなかに細いチューブを挿入して子宮のなかの細胞を採取します。

卵巣がん検診

卵巣はからだの内部、奥の方にあるため初期では症状が出にくくサイレントキラーとよばれています。超音波を用いて検査をおこないます。

乳がん検診

当院では触診と超音波を用いて検査を行います。触診だけでは不十分です。必ず超音波検査を受けるようにしてください。
乳房の検査には超音波検査とマンモグラフィー(X線検査)があり、超音波検査は小さな腫瘤を発見するのに適しています。
毎年の超音波検査と数年に一度のマンモグラフィー検査をおすすめします。異常が見つかれば連携病院の乳腺外来をご紹介します。

レディースチェック

健康なときにはなかなか婦人科を受診することはありません。この機会に一度、ふだん気になっていた婦人科チェックをされてはいかがですか。
原則的に自由診療ですが症状のある場合は各種保険が適応になる場合があります。ご相談ください。